滋賀
PR

2月の近江八幡を散策「あったか、おいしい」自転車旅

mekata
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

2月もあたたかくなってくると、自転車旅が楽しくなってくる

彦根から片道30kmほどの近江八幡なんか、「久々にちょっと長い距離行っちゃう?」なんてサイクリングにはちょうどいい

ってことで、2022年2月の旅をあらためて書き起こし。今回はのんびり近江八幡に行って、あったかくて旨いものを食べる自転車旅

e-bikeを相棒にいざ近江八幡

いざ近江八幡

反時計回りに走ることが多いビワイチコースを逆に走り、近江八幡を目指す

片道は30kmほどだけど、年中強い風が吹く「大中(だいなか)」という地域を走るので、通常よりも時間を多めに見積もって出かけるのがポイントだ

近江八幡までの自転車旅はコチラでも

こちらもどうぞ
海なし県でもめんたいこは旨い! e-bikeで「めんたいパーク」へ その1
海なし県でもめんたいこは旨い! e-bikeで「めんたいパーク」へ その1

今回はランチとお茶、どっちも楽しみたいので

朝ごはんは(あえて)抜き、早めに近江八幡へと到着

いい感じの町並みも堪能したいけど… その前にお腹減ったーーーー

居酒屋市さんでうどん&おでん

近江八幡に行ったらここ、そう決めているのが「居酒屋市」さん

ここの、やわやわうどんと、おでんがめちゃめちゃ好きなの

冬の自転車旅は、「あったかく美味しい」が何より

まずはここであったまるのだ

自転車をそっと停めさせていただいて店内へ

居酒屋市
住所 : 滋賀県近江八幡市仲屋町12 スワイビル

※ 休業中? との情報が…(2024年2月現在)

好きなおでんを3種類選べる、おでんのセットと、ホルモン天ぷらうどんの定食

おでんは悩みに悩んで「大根、じゃがいも、ごぼう天」にする。とにかくおでんのじゃがいもが好きなんだーーーー

うどんはコシが全然ないやわやわタイプなのがめちゃめちゃ好み。近江八幡らしく赤こんにゃくが入っているのも嬉しいよね

近江八幡を散策

おなかがいっぱいになったら、八幡堀付近を散策する

建物も素敵だし、おしゃれなお店も多いし、もちろん美味しいものもたくさん。ぶらぶら歩いているだけでも情緒たっぷりで楽しめるし、写真を撮りたくなるスポットもたくさん

和な建造物も多いけど、洋な建物も残っていて、その入り混じり具合が不思議で楽しい

こちらは「白雲館

元は学校として使われていた建物で、今では珍しい擬洋風建造物だそう。今は観光案内所や市民ギャラリーになっているので、内部も見学できる

日牟禮八幡宮さん

写真を撮った後で自転車置き場に駐輪し、お参りもしっかり

近江商人の信仰を集めた神社なんだから、それはもう商売繁盛を願わないとね

たねやさんでお茶を

あちこち見て回って疲れたら、たねやさんで一休み

ここ、店内がすごく素敵なのでついつい立ち寄ってしまうのだ

旧家風の店内に季節の飾りもたくさんあって、どの季節に行っても楽しい

あちこち写真を撮らせていただきつつ、あったかくて美味しいものの到着を待つ

たねや日牟禮乃舎
住所 : 〒523-8558 滋賀県近江八幡市宮内町 日牟禮ヴィレッジ

店内で焼いている焼き立て「つぶら餅」と、「あんコーヒー

コーヒーは、添えられた丸いあんをコーヒーに入れていただく。つぶら餅は香ばしいお餅の中にアチアチのあんこ入り。なんか定期的に食べたくなる

寒い日はこれでしょ! の、丸いお餅が2個どーんと入った「つぶらぜんざい」も。寒い日には染みるなぁ… 合間につまむ塩昆布がまたいいんだよねぇ

お席に囲炉裏? があるのもまた素敵なのだ

明るいうちに帰るべし

近江八幡を満喫したので帰途につく

この西の湖沿いの道、走るの大好き

自然があって、クルマがなくて、他に人が少なくて… こんな道ばっかりだったら、自転車旅は倍ほども楽しくなるんだけどなぁ…

ちなみに、GIANTの方には「バーミッツ」を装着している

created by Rinker
Bar Mitts
¥13,482 (2024/05/27 16:55:21時点 Amazon調べ-詳細)

これがあるとめちゃめちゃ手があったかい。手袋要らないって人もいるくらい

2024年はあたたかすぎてオススメする機会がなかったけど、例年だと12~2月のサイクリングには最高だ

フラットハンドル用、ドロップハンドル用、どっちもあるので(侍サイクルにも冬は置いてる)愛車に合わせてどうぞ

こういう真っ直ぐで何もない道

水があって、遠景に山があるような

これすごく滋賀っぽいというか、もう少しいうと湖東っぽい風景に思う

走っていても単調でつまらないと思う人もいるだろうし、こういう道ばかり走りたいと思う人もいるだろう。「うらやましい」という感想もあるかも?

彦根に住んでいると、こういう自転車旅が日常だけど、これはこれで贅沢な自転車体験なのかもなぁ… などとふと思った

2022年02月09日(水)滋賀県近江八幡市
彦根 → 市 → 日牟禮八幡宮 → たねや → 彦根(60km程度)

今回の自転車は
Tern「Vektron S10」(e-bike)
GIANT「ESCAPE R E+」(e-bike)

ABOUT ME
メカタマサエ
折りたたみ自転車、クロスバイク、e-bikeなどいろんな自転車で、アチコチ走り回っています。クルマはないので、「自走」、もしくは「電車などの公共交通機関 + 自転車」

のんびり走り、いい景色を観て、美味しいものを食べるのが最高。乗り鉄風味でもあります

滋賀県彦根市にある、「遊びと冒険と旅の自転車店・侍サイクル」のマネジャー。人生の宝物をつくる自転車、毎日をちょっと楽しくする自転車の販売・カスタム・メンテナンスなどをしています
記事URLをコピーしました